トラック運転手になるには?運転好きで転職を考えている人にぴったりな方法について豆知識を紹介!

当サイトはトラック運転手になるにはどのようにすればよいか、運転好きで転職を考えている人にぴったりな方法について豆知識を紹介しています。
トラックのドライバーとして活躍したい人にお勧めです。
トラックのドライバーに転職する際に大事なことも解説しています。
初めての転職をするのなら、ぜひ参考にしてみてください。
トラックドライバーでの活躍の幅を広げるにはどうしたら良いかにも触れています。
将来を考えた選択に役立ちます。

トラック運転手になるには?運転好きで転職を考えている人にぴったりな方法について豆知識を紹介!

車を運転することが好きであるため、トラック運転手への転職を考えている人もいるのではないでしょうか。
トラック運転手になるには、求人譲歩をチェックして募集に応募するのが近道です。
インターネットの求人情報サイトを見ると、募集している企業をスムーズに見つけることができます。
一般的にトラック運転手になるには、大型自動車運転免許や中型自動車運転免許が必要になります。
これらの免許が無くても応募できることもありますが、持っている方が有利です。

トラック運転手の勤務形態は正社員の他契約社員やアルバイトなど多種多様!

世界的な感染症の蔓延で、人々の生活は大きく変わってしまいました。
ソーシャルディスタンスが叫ばれ、飲食業などは開店休業状態で失業者も多くなっています。
リモートワークが強いられて、慣れない環境で慣れない仕事となって毎日が辛いと感じている人も少なくありません。
そこで解雇されたり、自主退職を余儀なくされ人生が大きく変わってしまった人もいるでしょう。
そのためトラック運転手などに転職しようと考えている人も少なくないです。
いきなりトラック運転手として正社員で働くのはプレッシャーであるという人は、契約社員やアルバイトとして働いてみるという方法もあります。
勤務形態の自由度が高く、一人で責任感を持って遂行できる仕事であり感染症を気にする人や人間関係が苦手な人にもおすすめの職業です。
ただトラック運転手になるには、大型自動車免許に中型自動車免許の取得が前提になります。
けん引免許やフォークリフトの資格を取っているとより採用してもらえる確率を高めます。

トラック運転手の給与や退職金など待遇面について

トラック運転手の給与は固定給のところ、歩合制のところがあります。
完全に歩合制を採用している会社は少なく、基本給にプラスして出来高払いをするようなスタイルが多いです。
最初の内は道もわからないですし、荷物をおろす作業も慣れていないので十分な仕事量をこなせない人も多いですが、基本給が約束されている会社であれば安定した給料をもらうことができます。
トラック運転手の退職金は会社の規模によって異なります。
大きな企業であれば退職金を用意してくれますが、零細企業や有限会社の場合は退職金がないことが多いです。
待遇面もバラバラで福利厚生がしっかりしているところがあれば、残念ながらまったく整備されていないところもあります。
待遇面は給与や退職金とは関係ない部分でもあるので、働く場合はしっかりチェックするのがおすすめです。
福利厚生が整っていると生活は潤いますし、仕事と家庭、プライベートのバランスを整えることが可能です。

トラック運転手に向いている人の特徴や性格、特性

トラック運転手の仕事に向いている人としてまず挙げられる特徴は、なんといっても自動車(特にトラック)の運転が好きであることです。
長距離輸送を行うトラック運転手の仕事に就きたい場合は、単に車好きなだけでなく、長時間の運転が苦にならない性格であるかどうかも重要となります。
また、単純作業が性に合っているのであれば、トラック運転手の仕事が苦になる場面は少ないでしょう。
トラック運転手の主な仕事は、車両の運転や荷物の積み下ろしといった単純な作業が中心で、頭で考えなければならない場面はさほど多くないからです。
ストレスをためにくい性格の人も、トラックドライバーに向いているといえます。
この仕事は労働時間が長くなりがちであり、顧客が指定した日時・場所に荷物を運ばなければならないことから、勤務中の緊張も長く続きます。
悪天候の中で走ることになった場合や、渋滞にはまった場合など、疲れやストレスが蓄積されやすい場面も少なくありません。
ストレスと上手に付き合うことができれば、長くトラックドライバーの仕事を続けていくことができるでしょう。

トラック運転手の女性の活躍の実態について

トラックの運転手は、近年女性の活躍が目覚ましく男性だけの職場ではなくなってきています。
もともと男性が多い仕事でしたが、多様化が進み最近では多くの方が性別の区別なしに働けるようになりました。
トラック運転手は力仕事が多くハードなイメージがあるため、これまでは男の仕事という印象がありました。
現在ではそうした性的なボーダーがなくなり、大型を運転する女性も増えています。
いろいろな業界が男性だけのものではなくなりつつありますが、トラック業界も同じです。
力仕事ではなくメインの仕事は運転ですし、積み込みもありますが垣根のない働き方が注目されるようになってきました。
これからは更にこうした動きが加速すると考えられていますし、優秀な人は性別に関係なく高収入を得ることができるようになっています。
求人も、そうした時代の動きを敏感に察知したものが増加傾向です。